電化製品が不調の時にまずする事

一昔前、昭和の時代ですね、昭和のころは「斜め45度から手で叩いたら正常に動くようになる」なんてことを言っていて、実際に試してみると本当にそれで動いてしまうんです。

電化製品が不調の時にまずする事

一昔前、昭和の時代ですね

一昔前、昭和の時代ですね、昭和のころは「斜め45度から手で叩いたら正常に動くようになる」なんてことを言っていて、実際に試してみると本当にそれで動いてしまうんです。
私は幼いころにテレビを叩いていたことを覚えています。今のテレビは薄くて叩く手の方が痛いし、きっと「中の部品の接触が悪いから正常に見られない」なんて原因ではないことが多いので、もう今は叩きません。
「取扱説明書」を開いたら、取りあえず「困ったときは」等のトラブル対応ページを開きます。お客様センターに電話をするのは最終手段として残しておきます。電話をしてもどう話せばいいのかわかりません。電話をするにしても取扱説明書は必須ですね。お客様センターの電話番号が書いてあるということもありますし、コールセンターの方が解説してくれるかもしれません。
何より、本体の名称を覚えていないと説明されても理解できませんので、取扱説明書の最初の方のページにある「各部の名称」のようなページは必須です。

人気のこの話、役立つこのサイトで情報収集しましょう