電化製品が不調の時にまずする事

電化製品が不調の時は、まずよく観察しますね。

電化製品が不調の時にまずする事

電化製品が不調の時は、まずよく観察しますね

電化製品が不調の時は、まずよく観察しますね。音、動き、臭い等です。
それから、取扱説明書の不具合別の「こんなときは」みたいなページを見ます。洗濯機やレンジなどエラーコードが出る場合はそのコードの説明のページですね。
「こんなときは」ページに載っていない場合で、サービスに問い合わせなければならないとなると、保証期間と保証書の有無の確認です。
保証期間内であれば、つながりにくいサービスに電話します。扇風機とかは持ち込み修理なので、ネットで買うと工場まで持ち込まなくてはならないので面倒です。
据付の家電なら来てくれますが、保証期間が切れていると当然出張旅費も取られます。
ですので、油を注せばなんとかなるのではないかと思われるものは油を、分解して内部を点検できるものは自己責任で分解します。ほとんど直りませんが、不具合箇所が見つかって諦めが付く場合もあります。こりゃ新しいのを買った方が安いなとか、いろんな計算が頭の中を駆け巡るのが、不調の時にまずすることでしょうか。

人気のこの話、役立つこのサイトで情報収集しましょう