電化製品が不調の時にまずする事

今の時代、いろいろなことが電化製品でできるようになり、小型化、精密化されたことで、モノによっては高価格化し、故障までの期間も製品の個体差、ばらつきがあるように感じます。

電化製品が不調の時にまずする事

今の時代、いろいろなことが電化製品でできるようになり

今の時代、いろいろなことが電化製品でできるようになり、小型化、精密化されたことで、モノによっては高価格化し、故障までの期間も製品の個体差、ばらつきがあるように感じます。
我が家の場合、大抵簡単に買い換えることはできないので、電化製品が不調の時にはまず自力で修理する事を考えます。オーディオ、パソコン、ゲーム機などの小型サイズの電化製品はまず自分で分解し、清掃します。最近の電化製品は精密部品が増え、清掃程度では直らないこともありますが、不調時で回復の見込みがある段階であれば清掃するだけで復帰や延命は十分見込めます。パソコンは今までそれで何度も対処してきました。

清掃で直らなかった時は電子部品の交換をし、はんだ付けまでし直したこともあります。注意しなければいけないのは、分解、清掃後の組み立てでビスが余るとか、組み立て順序がわからなくなるというところでしょうか。今の時代、電化製品は複雑になってきた上、いろいろなサポートサービスも増え、ちょっとした修理を依頼するだけでも結構費用がかかったりするので、まず清掃くらいはするようにしています。

人気のこの話、役立つこのサイトで情報収集しましょう