電化製品が不調の時にまずする事

昔、我が家の父は「テレビは叩いてなおす」などと言って妥当性が疑わしい荒療治を当然の如く行っていました。

電化製品が不調の時にまずする事

昔、我が家の父は「テレビは叩いてなおす」などと言って妥当性が疑わしい荒療治を当然の如く行っていました

昔、我が家の父は「テレビは叩いてなおす」などと言って妥当性が疑わしい荒療治を当然の如く行っていました。

しかし、最近は父も流石に多機能になったテレビを叩いたりはせず、映らなくなるとまず電源を抜いてみたりしています。
電化製品の不調時の対処は製品によって異なると思いますが、どの製品でも試せることは、一旦電源を切って、コンセントを抜き、再度コンセントを差し込み確認を行うことではないかと私は考えています。非常に単純ながら、実は結構効果的だと思っていて、コンセントを差し替えてみるだけで直ったりするような場合も結構あるんですよね。
先日我が家では、非常に取り替えづらい場所の電球が切れてしまったのですが、くるくると回してみると再度つくようになり驚きました。
電球でさえも、接触の問題でつかなくなったりすることがあるようです。
電化製品の不調時は、修理の依頼や買い替えを検討する前に、とりあえずコンセントの抜き差しを試してみることを是非オススメしたいです。