電化製品が不調の時にまずする事

電化製品の調子がイマイチだなと思った時、まずするのはスイッチを一旦切って、コンセントを元から抜くことです。

電化製品が不調の時にまずする事

電化製品の調子がイマイチだなと思った時

電化製品の調子がイマイチだなと思った時、まずするのはスイッチを一旦切って、コンセントを元から抜くことです。
近頃の電化製品は優れもので、状態を記憶していることが多いため、いくら手元の電源を切ってもう一度やってみても、不調をきたした時の状態をそのまま再現してしまいます。
そこでコンセントから抜いて、完全に通電状態を遮断して1分ほど待ってから、再びコンセントを差し込んで電源を入れます。そうすると、たとえば同じところにさしかかると止まってしまうとか、画面に何も表示されなかったなどの不調がスムーズに流れていって、上手く使えるようになることが意外と多くあるのです。

上手く動かなくなると、イライラして電源を乱暴に入れたり切ったり、あちこちがちゃがちゃいじりまくるのが私の母ですが、それだとかえって不調に拍車をかけて壊してしまいかねません。不調をきたした電化製品から母を遠ざけるということも、ウチの場合、最初にやることのひとつです。

人気のこの話、役立つこのサイトで情報収集しましょう