電化製品が不調の時にまずする事

電化製品が不調の時にまずする事は、電源のオン、オフを繰り返すことです。

電化製品が不調の時にまずする事

電化製品が不調の時にまずする事は

電化製品が不調の時にまずする事は、電源のオン、オフを繰り返すことです。
家電製品の電源が入りにくかったり、おかしな動きをしたり、調子が悪いと思ったときは、無意識にこの行動をしてしまいます。それでも改善されないときは、何度かコンセントを抜き差しします。するとある程度不調は改善されることがあります。最近の家電製品は、昔の家電製品に比べて精密なところがあるので、家電製品内に貯まった電気を放電させてやると調子がよくなるというのは、意外と正しいんじゃないかと思います。
それでも不調が改善されない場合は、説明書に目を通します。説明書は読まないことが多く、不調になってから初めて見るということもよくありますが、ほとんどの説明書内には「困ったときは?」などの項目があります。この項目には調子が悪いときの簡単な対処法などが書かれていて、最近の家電製品によくあるエラー表示や番号の説明等が説明されています。その説明を読みながら、症状に合ったものを探し対処します。この項目で説明されていることの半分くらいは「電源がはいっていますか?」などの当たり前のことなので、簡単な家電製品の場合、私の経験上、この項目で不調が改善されることはあまりありませんでした。

説明書でも改善されない場合はサポートセンターへ電話をしますが、サポートセンターで改善された経験よりも対応にイライラした経験の方が多いので、最近はサポートセンターへの電話はしないようにしています。その代わりインターネットで同じ製品で同じ症状にあった人を探したり、その家電製品の情報を求めたりします。インターネットの場合は正しい情報なのかどうかを見極める必要がありますが、同じ症状の記事が見つかれば、ほとんどの場合、対処方法が分かるので、家電製品が不調の時は一番効果的な対処法だと思います。

人気のこの話、役立つこのサイトで情報収集しましょう