電化製品が不調の時にまずする事

電化製品が不調の際に、最も多くの方が実践されるだろう行為としては「叩く」というのがあると思います。

電化製品が不調の時にまずする事

電化製品が不調の際に

電化製品が不調の際に、最も多くの方が実践されるだろう行為としては「叩く」というのがあると思います。確かに昔のブラウン管テレビなどは、軽く横から叩いてやる事によって本当に画面の歪みなどが解消されて、綺麗に映るようなったといった話を沢山耳にしますから、今でも当時の名残で具合の悪い電化製品をつい叩いてしまう、という人が多いようです。

しかしながら、近頃の電化製品は大変精密に作られていますから、強い衝撃を加えてしまうと、直すどころか逆に止めを刺してしまいかねませんので、叩かないようにした方が賢明です。

もちろん本来であれば、製造メーカーのサポートセンターに持ち込んで修理してもらうのが一番手っ取り早いのですが、最近は大体8年程度しか修理部品をどの家電メーカーも保有していないので、それ以降に具合が悪くなった際には自分自身で修理を行うより他ありません。
ちなみに私が個人的にお薦めしたいのは、外を覆っているケースを自分の手で取り外してやり、中の電子基盤などを露出させた状態で水をかける、といったやり方です。
電気製品に水は大敵というのが昔からの常識ですが、電化製品が不調になる原因の大部分が、埃などの汚れによる接触不良なので、水を勢い良くかけて溜まった埃を綺麗に洗い流すというのは、完全に乾燥するまで待つ事さえ順守できれば、実に理に適った方法なのです。

人気のこの話、役立つこのサイトで情報収集しましょう