電化製品が不調の時にまずする事

テレビを叩いて直すのは、昭和期では当たり前のやり方でした。

電化製品が不調の時にまずする事

テレビを叩いて直すのは、昭和期では当たり前のやり方でした

テレビを叩いて直すのは、昭和期では当たり前のやり方でした。
電化製品の調子が悪くなると、たいてい叩くか振るかして、衝撃を与えます。そうすると、外れていた部分が元に戻り、具合がよくなるケースが多かったのです。
私もちょっと前まで、電気掃除機やパソコンなどが具合悪くなると、叩いたり振ったりしていました。

しかし、最近の精密機械は、あまり手荒に扱うと完全に壊れてしまうのです。
それを知ってから、私は機械に対してはなるべくソフトに触れるようになりました。
パソコンは昔に比べ、高性能になった反面、素人が改造し、手を触れられる部分が減ったので、何かにつけて触らない方がいいと考えるようになったのです。

知り合いが機械に関してかなり詳しいので、電化製品が不調になったら、最近はまず彼に見てもらうようになりました。
彼に聞けばたいていの機械の不調は直るので、やはりエキスパートは頼りになります。今はネットで製品一つ一つの情報を仕入れることもできますから、パソコンの内部ソフトの調子が悪くなった場合、すぐに検索して原因を確かめられるのです。
これは一般家電にも応用がきく方法で、現在販売、あるいは過去に販売された商品すべてに対応しています。